コンサート

QR電子決済サービスのご利用について
アンフィニではQR新電子決済サービスPayPayのご利用が可能となりました。
​コンサート会場当日受付でご利用下さい。

 

PayPay.jpg

新型コロナウィルス感染症予防対策について

新型コロナウィルス感染防止策といたしまして当団体ではご来場のお客様に次の事項を​お願い致しておりますので皆様のご協力をお願い申し上げます。

 

■客席ではマスクを適切にご着用ください。

​■ご入場の際は、手指のアルコール消毒と検温にご協力ください。

高熱(37.5度を目安)や風邪の症状がある場合にはご来場をお控え下さい。

舞台から客席最前列までを2メートル離し、舞台を設置致します。

出演者は演奏中にマスクは着用致しませんので、少しでも不安を感じる方はご来場をお控えください。

声援(ブラーボ)はご遠慮ください。代わりに拍手やブラーボボード(スケッチブック等に”Bravo”と記載頂いたもの)等での応援を宜しくお願い致します。

■最長でも1時間に1回、換気のため入場口等を開放させて頂きます

万が一感染者を確認された場合には、速やかに保健所に連絡が出来るよう、全てのお客様にご連絡先のご記入をお願いしております。

■自主規制としましてホール定員の入場制限をさせていただく場合がございます。(予めホームページ等にてお知らせいたします)

2022年10月16日(日)

吉田真澄ソプラノコンサート

ミューザ川崎シンフォニーホール

市民交流室

開場18:00 開演18:15

​※詳細は後日お知らせいたします

 

吉田真澄の声からは魂の叫びが聴こえる。
抒情的な歌、コミカルな歌、ドラマティックな歌、そのどれもが吉田の超絶技巧に裏打ちされた卓越した歌唱力がなせる技で、それぞれを変幻自在に歌い分け聴衆に訴えかける。
そして、一たび舞台に出れば物語を体現する巧みな演技力でも聴衆を虜にする。
天から授けられた声で、今最も期待される若手の逸材、吉田真澄。
ぜひその声をコンサートホールにて聴かれ、吉田真澄の世界観を体感されてみてはいかがでしょうか。

<演奏予定曲目>

歌劇『リナルド』より 「私を泣かせてください」(ヘンデル)

歌劇『ランメルモールのルチア』より 「狂乱の場」(ドニゼッティ)

歌劇『椿姫』より 「ああ、そはかの人か〜花から花へ」(ヴェルディ)

ミュージカル『キャンディード』より 「着飾ってきらびやかに」(バーンスタイン)

吉田真澄(ソプラノ)
千葉県出身。国立音楽大学卒業。 同大学卒業演奏会出演。第38回茨城県新人演奏会出演。第5回マダムバタフライ国際音楽コンクールin長崎入賞。
歌劇「魔笛」夜の女王、
歌劇「フィガロの結婚」伯爵夫人、スザンナ
歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ
歌劇「ドン・ジョバンニ」ドンナ・エルヴィラ
歌劇「ジャンニ・スキッキ」ラウレッタ
歌劇「ルチア」タイトルロール
歌劇「椿姫」ヴィオレッタ
歌劇「ラ・ボエーム」ミミ、ムゼッタ
などをつとめる。また、フォーレ「レクイエム」ベートーヴェン「第九」のソリスト、管弦楽団や吹奏楽団との共演など広いレパートリーで様々なスタイルのコンサートに出演している。

小滝 翔平 <ピアノ>
東京都立芸術高等学校を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。2002年JML主催日独青少年交流コンサート in Japan に出演、オーディションに合格し翌年ドイツ各地での コンサートに出演。Music Studio C主催第18回コンサート形式オーディションで音楽賞受賞。2008年ソレイユ音楽コンクールにて第3位ならびに審査員奨励賞を受賞し、東京文化会館でのコンサートに出演。2018年昭和音楽大学大学院音楽研究科修士課程音楽芸術表現専攻ピアノ分野を修了。これまでに新井洋子、小川久美子、柏木雅子、故・多喜靖美、江澤聖子、鷲宮美幸の各氏に師事。現在ソロ活動の他、ピアノ講師、オペラの稽古伴奏、声楽コンサートの伴奏、器楽とのアンサンブルなど様々な音楽活動を行っている。
日本オペラ振興会オペラ歌手育成部ピアノ講師

5.jpg
AFF2ロゴ.jpg
文化庁ロゴ.jpg

2022年10月22日(土)

小滝翔平ピアノリサイタル

オーキッドミュージックサロン

開場13:00 開演13:30

 

声楽コンサートやオペラの伴奏者として、歌い手に寄り添い、樹々の間を通り抜ける風がささやきあうように抒情的で、そして時には波が海岸に打ち寄せるように歌い手と共鳴しあう情熱的な演奏を奏でる当代きっての伴奏者。
その小滝の演奏を支えるのがソロのピアニストとしての卓越したテクニック。
このソロリサイタルでは「ピアノの魔術師」という名前に相応しい小滝渾身の楽曲を披露します。

チラシ20220616.jpg

<演奏予定曲目>

【リスト】
 愛の夢 第3番

 巡礼の年 第2年《イタリア》より〈ペトラルカの3つのソネット〉

 《ヴェネチアとナポリ》より〈タランテラ〉

【ベートーヴェン】
 ピアノ・ソナタ 第23番《熱情》作品57
                                 ほか
 

《プロフィール》
東京都八王子市出身。
5歳よりピアノを始める。また趣味の一つとして6歳から18歳
までバイオリンを続ける。
◇2002年 
JML主催日独青少年交流コンサート in Japan に出演、選抜
メンバーに選ばれ翌年ベルリン、アーヘンなどドイツ各地での
コンサートに出演。
◇2003年 
東京都立芸術高等学校音楽科ピアノ専攻を卒業。在学中は副科バイオリンを履修し、学内オーケストラにて様々な楽曲に取り組む。Music Studio C 主催第18回コンサート形式オーディションにて音楽賞並びにことのは賞を受賞。
◇2007年 
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻を卒業。在学中、様々な公開レッスン及びマスタークラスに参加する。また、故・友田美智子氏のフルート教室にてピアノ伴奏を勤め、器楽アンサンブル奏者としての研鑽を積む。
◇2008年 
ソレイユ音楽コンクールにて第3位並びに審査員奨励賞を受賞し、東京文化会館でのコンサートに出演。
◇2011年 
幼少期からオペラに興味を持っていたことを活かし、府中シティ・ミュージック・ソサエティ主催によるフンパーディンク作曲のオペラ《ヘンゼルとグレーテル》にて稽古ピアニストを勤め、現在まで様々な現場でオペラの稽古ピアニスト及び本番ピアニストを勤めるようになる。
◇2015年 
初のソロ・リサイタルを、同年には2回目のリサイタルを開催。また、調布国際音楽祭オープンステージへの出演をきっかけに、フルートとピアノのユニット「Ensemble Samedi」を結成し、現在まで様々な演奏活動を行っている。
◇2018年 
昭和音楽大学大学院音楽研究科修士課程音楽芸術表現専攻ピアノ分野を修了し、ピアノ・ソロ、声楽伴奏、2台ピアノ、室内楽など、より深く研鑽を積む。近年は、それまでの活動に加え、数多くの声楽家と共演を重ね、また日本オペラ振興会オペラ歌手育成部ピアノ講師として日本人作曲家による声楽作品にも取り組んでいる。
◇2021年 
3回目のソロ・リサイタルを開催。
これまでにピアノを新井洋子、小川久美子、柏木雅子、故・多喜靖美、江澤聖子、鷲宮美幸の各氏に師事。唐木田声楽ヴォイストレーニング教室専属ピアニスト。男声合唱団「お山の大将」専属ピアニスト。声楽家団体アンフィニ専属ピアニスト。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部ピアノ講師。

AFF2ロゴ.jpg
文化庁ロゴ.jpg
 

2022年11月20日(日)

昌平&犬塚モブ

Pop’s Duo Live 2022
サンハート音楽ホール
開場18:30  開演19:00

入場料 一般2,000円全席自由)

      ※未就学児は無料

☆チケットのお求めは

 チケットセンター ぴあ

 かなっくホールチケットカウンター

 またはアンフィニお問合せページからお申込みいただくか、出演者にお声がけください。

神奈川と静岡で活躍する”イケボ”の若手アーティストでお届けする、アンフィニ初のポップスライブコンサートです。
東京・神奈川で活躍する昌平と、静岡で活躍する犬塚モブのファン待望の夢のコラボレーション企画!
​ぜひ、この才能あふれる若手アーティストの歌声で夢のひと時を過ごしてみませんか?

<演奏予定曲目>

・レインボーベイビー
・stay night
・雨上がり、快晴の空(オリジナル曲)
・HOME(オリジナル曲)        ほか

昌平 Shohei
1995年生まれ。神奈川県三浦市出身。3才からクラシックピアノを習い、大学時代は、アカペラサークルに所属。バックコーラスからボーカルまで幅広く担当。2017年から 本格的に音楽活動を開始し、横浜駅を中心に、路上ライブを行う。2018年11月には上大岡の「ひまわりの郷ホール」で、生声、生音にこだわった弾き語りワンマンライブを行い、100人以上の集客に成功。また2017年〜2018年に、SNSで、365日カバー企画を立ち上げ、毎日カバー動画を投稿。バラードからアップテンポまで、ジャンルの壁を越えたカバー動画が好評。YouTubeチャンネルではカバー動画に加え、メガネあるあるを歌った「メガネの唄」や、インスタグラマーの特徴を歌った「インスタグラマーになりたい」などの、オリジナル動画も人気を博している。2020年4月IT企業に就職。現在はBtoBの医療系SaaSのマーケティングに従事。音楽活動と会社員を両立し活動する中で、個人のTiktokのフォロワーは約13000人に達し、同年代の共感を多く集めている。ギター、ピアノの弾き語りにこだわった楽曲と、力強い歌声、そして綺麗事だけではない、赤裸々な歌詞が魅力。

 

 

犬塚モブ Mobu Inuzuka
1995年生まれ。静岡県静岡市出身。17歳から音楽の楽しさを知り、ボイスレッスンに通い始め今も続けている。ボイストレーナーから曲を作るためにギターとピアノを勧められ独学で始める。ギターを始めて2週間後に静岡の街中で路上ライブ活動を始める。大学生になってから知人とバンドを組むようになりライブハウスに積極的に出演。2016年「Palm in the Sun」というバンドでライブハウス全国ツアーを行い静岡Sunushで行われたツアーファイナルは200人近く動員。その後、大型ロックフェスなどにも出演しましたが、惜しくも解散。2018年「Daisy Walkers」というバンドを組み、静岡のテレビやメディアなどにも出演し、ワンマンライブを成功させるがコロナ禍の中惜しくも解散。2021年3月「Night Street」という男女5人組のボーカルユニットを結成。2021年11月に発売された楽曲「夢のカケラ」がプロサッカーJリーグの藤枝MYFCの応援ソングになる。現在は会社員として働きながらソロでギターとピアノの弾き語りと「Night Street」を並行して活動を続けている。不器用だけど優しさに溢れたメッセージ性のある歌詞とキャッチーで耳に残るメロディーを熱血な歌声でリスナーを惹きつける。

 

文化庁ロゴ.jpg
AFF2ロゴ.jpg
チラシ(表)20220831.jpg

2022年12月10日(土)

​オペレッタ『こうもり』
(J.シュトラウスⅡ)

みなとみらいホール 小ホール

開場:16:45 開演:17:30

 
文化庁ロゴ.jpg

オペレッタはイタリアやフランスの喜劇的な内容をもつオペラから発達した、笑いの要素をもった軽快なオペラ。オペレッタ『こうもり』はウィーンのワルツ王ヨハン・シュトラウス2世によるオペレッタの最高傑作であり、世界中で愛されている名作。全曲が聴きどころと良いほどの名旋律に溢れている。心躍る有名な序曲や「シャンパンの歌」など、シュトラウスの軽快な音楽がふんだんに盛り込まれ喜劇が繰り広げられます。思わず笑みのこぼれる登場人物たちのすれ違いや、華やかな社交界のシーンなど見どころも満載です。ヨハン・シュトラウス2世の街ウィーンでは、年末年始の風物詩としてこの『こうもり』が上演されます。2022年の年末は、心躍るオペレッタで楽しいひとときをお過ごしください。

AFF2ロゴ.jpg
chirashi-1.jpg

指揮:山本達郎
脚本:秋山泰一
演出:塩塚隆則

演出助手:富澤祥行

〔出演〕
アイゼンシュタイン 安保克則
ロザリンデ 大網かおり
ファルケ 藤澤龍弥
オルロフスキー侯爵 片岡美里
アルフレード 岡坂弘毅
フランク 曽我部巨樹
アデーレ 原 千尋
イーダ 八木下薫
ブリント博士 河村洋平
フロッシュ 秋山泰一
合唱 コーロ アンフィニ
バレエ 志鎌優成
バレエ 松沢彩花

 

 

〔演奏〕
小滝翔平(Pf.)
山下久幸(Ob.)
川崎愛実(津軽三味線)
中原正人(津軽三味線)

 

 

ストーリーテラー 村松和茉
ナレーション 榛水 涼

 

 

全三幕 日本語上演

© 2021 Anfini. All rights reserved.